• 合計12,000円以上(税別)のご購入で送料無料! ※北海道・沖縄を除く【すべて即納モデル】

保田スラッガー直伝の型付けに、何年もかけて鍛錬を積み上げ、他社のグラブにも対応できるように、野球館式に改良された、湯もみ型付けです。

1.湯もみ前のしたごしらえ。【グラブチェック。】
湯もみとは、お湯につけて揉むことだが、その前にグローブのチェックから。
まず、グローブを分解し芯材・グリスの量などチェックし、必要に応じて芯材を削ったり、グリスの補充を行います。
この工程を行うことにより、仕上がり方が断然と変わります。

2.ここからが本番。【お湯につける。】
ただ、お湯と言っても、温度が大切。革は人間の皮膚と同じくデリケート。
水では革に染み込み難いし、熱すぎると革を傷めてしまう。経験豊富なスタッフならではのさじ加減。

3.力仕事…【揉む】
全体重をかけながら、丹精込めて揉むのだが、揉まないといけない箇所、揉んではいけない箇所がある。
また、型のつけ方によりポケットの位置が異なる為、ポケット部分を意識しながら揉んで行きます。

3.ポケット作り。【叩く。】
叩くことにより革が伸ばし、ポケットを作るのだが、ポケットの好みは人様々。
その人の好みにより、叩き方を変え使う人の完璧なポケットに近づけます。

5.仕上げの工程。【乾かす。】
ただ乾かすだけなら、乾燥機にほり込めば手っ取り早い。
しかし、革はデリケート。当社では様々な経験上、自然乾燥させています。
しかも、乾ききるまで1日2~3回3-4の工程を繰り返します。
濡れた革は、乾燥すると同時に脂分まで抜けてしまい、逆にカチコチになってしまいます。
ゆっくり乾かし、何回も揉んで叩くことにより、完璧な型が出来上がります。

6.【完成。】
乾いた後は、指入れ感・レースの緩み具合などの調整をしながら、型のチェックを行い完成。

※1.湯もみは、個人のグラブ捌きをお聞きしながら型を付けさせて頂いております。簡単に、でも使いやすく型を付けて欲しい方は、プロ職人直伝型付けをお勧めします。
※2.お持込は、対応させて頂いておりません。
※3.お届けまで約1週間かかります。
※4.加工された商品のお客様のご都合によるキャンセル・返品・交換はお受け出来ません。

久保田スラッガー直伝! 【野球館式】湯もみ型付け yumomikatatuke

商品番号 yumomikatatuke
当店特別価格 ¥ 3,240 税込
[ 32 ポイント進呈 ]