G20に伴う配送遅延について
  • 合計12,000円以上(税別)のご購入で送料無料! ※北海道・沖縄を除く【すべて即納モデル】

【永久保存版】おススメ!グローブの手入れ方法まとめ

野球を長く続けていく上で欠かせないのが野球道具のメンテナンス。

日々の手入れを怠ってしますと少しづつグローブが汚れてきて、しまいには

ボロボロになってしまいます。

状態の悪いグローブでは当然ベストのパフォーマンスは発揮できないので野球技術向上のためにも

グローブのメンテナンスは欠かせないのです。

そこで今回は誰でも簡単に出来るグローブのお手入れ方法をお伝えします。


1:グローブの手入れをするメリット

野球用品の中でもグローブは一番お手入れをしないといけないものです。


毎日のお手入れを楽しくするためにも、まずは手入れをすることによっておこるメリットをしっかり把握しましょう!


グローブの寿命が一気に増える


革製品であるグローブは、手入れをしないと革の表面が傷んでしまうのですぐにボロボロになってしまいます。傷んでしまう原因は主に


1, ボールキャッチによるスレ・傷み


2, 手汗や雨による湿気


3, 経年劣化


の3つになります。


これらの原因による傷みを防ぐために定期的な手入れをしないと早ければ1年でグローブは使い物にならなくなってしまいます。逆にオイル


などを使用してしっかりと手入れを行ってやれば、使用頻度によりますが10年以上も使うことができます。



プレーのパフォーマンスが上がる


手入れを定期的にしていないグローブは、「型」が崩れてしまいます。


それぞれのグローブは、ボールを取りやすいように考えられて設計されているのですが、手入れをしないと型が崩れてしまうのです。


その為、ボールが思うように上手に取れない原因になってしまうのです。


新品のグローブは指が開いたような形になっていますが、手入れが行き届いていない、小学校にあるようなグローブはぺちゃんこに潰れています。


それでは、パフォーマンスが落ちてしまい野球が上手になりません。


手入れをしていれば、型崩れを防ぐことができるため、野球技術の上達にもつながるのです。



2:グローブの手入れに使用する道具

グローブの手入れをするための道具は主に二つ。

ほとんどお金もかからないのでまだ購入していない方は急いで揃えましょう。

野球グローブ手入れ道具 

1:タオル


革製品であるグローブは、手入れをしないと革の表面が傷んでしまうのですぐにボロボロになってしまいます。


まず雑巾やタオルを2枚用意しましょう。


グローブの手入れといっても、高価な道具や特別な技術は必要ありません。まず大切なことは、「汚れを落とす」ことです。


そのために使うのが、雑巾もしくはタオルです。家に使っていない雑巾が余っていれば、それで構いません。雑巾がなければ、


古くなったタオルでも大丈夫です。


野球グローブ手入れ道具

2:グローブ用オイル

2つ目に必要な道具は「オイル」です。


革靴やカバンにもメンテナンスオイルがあるのと同じで、グローブにも専用のオイルがあります。


オイルを使用する目的は、次の3つです。



   1,   汚れ落とし

   2,   保湿


    3,  ツヤ出し

この中で一番重要なのは【保湿】です。革が最も痛むのは湿度が低くなって水分が蒸発してしまうからです。


オイルの種類や値段も様々なものがあるので迷いますが、野球館でオススメしているメンテナンスオイルはミズノのレザーケアクリーム(2ZG800)。


このオイル(クリーム)はヒアルロン酸とコラーゲンが配合されており、塗ることによりなぜ保湿が必要か分かり手のケアと同じ感覚が感じられます。



ヒアルロン酸とコラーゲンの浸透性が抜群で、手汗をに気をつけなければなりませんが、平裏部分にも塗って頂いてもOKです。


3:グローブの手入れ方法


道具が揃ったら、早速手入れをはじめてみましょう!


今回野球館でご紹介する手入れ方法のポイントは、「汚れ落とし」と「保湿」です。


手入れの具体的な手順はたったの3ステップです。

.

グローブお手入れステップ

1:汚れを落とす

グローブの手入れで一番大切なことは汚れを落とすことです。


まずは用意した雑巾・タオルでグローブについた砂、泥、小さな石などを取り除きます。


グローブの指の間や紐の部分も溜まりやすいので確認してみてください。



つぎに表面の汚れなどをしっかりふき取りましょう。

こちらの作業は、グローブを使った後に、毎回行うようにするとグローブが長持ちします。

グローブお手入れステップ

2:オイルを塗る


グローブの汚れを拭き取ったら、次にオイルを塗りましょう。ステップ1を飛ばしてオイルを塗ってしまう方が多いのですが、



砂や石で革を痛めて逆効果になるため注意しましょう。



ご自身の手が乾燥していて汚れた手に保湿をしないのと一緒です。



補給面にはグローブを使ったら毎回オイルを薄く塗りましょう。捕球面が一番傷みやすく、重要な部分だからです。



背面に関しては毎回オイルを塗る必要はありません。2週間に1回程度で十分です。



オイルを薄く伸ばすようにして塗っていきましょう。

グローブお手入れステップ

3:風通りの良い日陰に保管する

最後に注意したいのが、グローブの保管方法です。よく、カバンの中にグローブを入れたままにする人がいますが、



これはグローブを傷めてしまいます。



グローブを長く使うためには、風通りの良い日陰を選んで保管しましょう。



また、グローブを持ち運ぶときにはボールを挟んで潰れないようにしましょう。






まとめ


いかがだったでしょうか?


球館オススメのグローブの手入れ方法は以上になります。


一流の野球選手はグローブの手入れを欠かすことがありません。



大切なグローブの寿命が長くなるだけではなく、野球が上達するためにも


ぜひ今日からメンテナンスに取り組んでみてください。


野球館では400種類以上のオーダーグローブを品揃えしております。



自分に合ったグローブの選び方が分からない方も安心!野球館専門スタッフによる



アドバイスであなたにぴったりのオーダーグローブをお選び致します。


全国どこからでもご注文いただけるので、身近に頼れる野球専門店が無い方は是非ご利用ください。



野球館オーダーグローブ販売ページはこちらから